大使館ニュース « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

‘大使館ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

JICA事務所表敬訪問

2022年7月21日 木曜日

2022年7月21日木曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、国際協力機構(JICA)の井本佐智子理事、高橋スリマラ中米・カリブ課長、井村皓一同課職員を表敬訪問し、ご挨拶と面談を行いました。

訪問中、ペレ大使は、日本政府が資金を提供し、当機構が管理しているパナマ市のメトロ第3号線プロジェクトへのご支援に感謝の意を表明しました。一方、井本理事は、ペレ大使の訪問と時間を割いてくれたことに感謝し、同機構が行っている進行中のプロジェクトについて説明をしました。

両者はこの機会に、現在の世界情勢、パナマメトロ第3号線や今後の協力について意見交換を行いました。

(左から)高橋スリマラ中米・カリブ課長、井本佐智子理事、ペレ大使、井村皓一中米・カリブ課職員



日本パナマ議員連盟会長と会談

2022年7月20日 水曜日

2022年7月20日(水)、カルロス・ペレ駐日パナマ大使兼総領事はジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官及び駐日パナマ大使館職員とともに、日本・パナマ議員連盟の衛藤征士郎会長を訪問し、両国の時事問題や相互協力に関する問題について話し合い、意見交換を行いました。

ペレ大使はまず、7月8日にパナマにとって良き友人であった安倍晋三元首相が亡くなられたことに深い哀悼の意を表し、これを受けパナマは3日間喪に服し、大使館は3日間半旗を掲げたと述べました。

続いてペレ閣下は、来年3月にパナマで開催される「第8回Our Ocean 2023」国際会議への日本の参加を希望されました。この会議が、環境保護と気候変動管理を進めることを目的としていることにも言及しました。

一方、衛藤会長は、大使の訪問に感謝するとともに、会談で言及された問題の進展に努め、両国の友好の絆を深めるために、パナマを支援していくことを確認しました。

ペレ大使(写真左)と衛藤征士郎会長(写真右)



新オフィスにて今治市長と会合

2022年7月16日 土曜日

2022年7月14日(木)、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、パナマ市の姉妹都市である愛媛県今治市の徳永繁樹市長、若宮浩産業部長、徳永浩貴総務部調整課秘書係、中路將位産業復興部 立地・移住促進課の喜ばしい初訪問を新しい駐日パナマ大使館・領事館の建物で迎えました。

ペレ閣下(写真左)と今治市の徳永繁樹市長(写真右)



本町小学校を訪問・子供たちの発表を鑑賞

2022年7月15日 金曜日

2022年7月15日(金)、駐日パナマ大使カルロス・ペレ大使は、パンデミックによって延期されていた、パナマ文化外交の枠組みの中の毎年恒例の文化と食の交流活動を再び行うため、西東京市立本町小学校を訪問しました。

ペレ大使と大使館職員は、中村千佳子校長に校長室で迎えられ、会議の中でペレ大使は、招待に感謝の意を表すとともに、子どもたちは社会の未来であり、人間にとって最も貴重な時間であることを指摘しました。両者は、日本人とパナマ人学生の交流活動の重要性に合意しました。

ペレ閣下(写真左)と中村千佳子校長(写真右)



本町小学校の児童による発表風景



本町小学校の体育館に飾られたパナマと日本の国旗



本町小学校の児童による発表風景



当日は給食としてパナマ料理が振る舞われた



外務省儀典室を表敬訪問

2022年7月14日 木曜日

2022年7月14日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は,ジョルジェット・コンスタンティノ二等書記官および駐日パナマ大使館職員とともに、志野光子外務省儀典室長及び齋藤彩子課長補佐を表敬訪問しました.

ペレ大使は、志野儀典室長の就任を祝福し、日本の現状について意見交換する機会を設けました。会談の中で、パナマの関心事や同局との関係強化に繋がる可能性について意見を交わしました。

また、大使は志野儀典室長を駐日パナマ大使館へ招待する意思を示しました。会談の最後に、両者はパナマと日本の関係をさらに深めていくことで合意しました。

ペレ大使(写真左)と志野儀典室長(写真右)

安倍晋三元首相を悼む哀悼書の調印に出席

2022年7月13日 水曜日

2022年7月13日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使兼総領事はジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官及び駐日パナマ大使館職員とともに、自民党と外務省主催の2022年7月8日に逝去された安倍晋三元首相を悼む哀悼書の調印に出席されました。

カルロス・ペレ閣下は、パナマ政府を代表して、またパナマ共和国を代表して献花を行い、安倍元総理のご家族に深い哀悼の意を表すとともに、喪に服している日本国民に同調しました。

同様に、駐日パナマ大使館及び在東京パナマ領事館は、パナマ国民の友人であり、その在任期間中、両国間の密接な関係の維持に尽力された安倍元総理の旅立ちのために、3日間にわたりパナマ国旗を半旗掲揚しました。

献花を行うカルロス・ペレ閣下



哀悼書の調印を行うカルロス・ペレ閣下

◆2022/7/6コロナウイルス(CoViD-19)関連情報:入国について◆

2022年7月6日 水曜日
◆コロナウイルス(CoViD-19)関連情報:入国時のワクチン証明とPCR検査証明◆

更新日:2022年7月6日水曜日

7月11日より下記の場合を除いて、屋内外問わず、マスクの使用の義務化がなくなります。

1. 公共交通機関

2. 食品処理に従事している人

3. 医療施設

パナマに入国する方は、以下の項目をご確認ください。

<重要>すべての旅行客は、出発までに下記宣誓書およびフォームに入力、ワクチン接種証明書のアップロードを行い、搭乗前に航空会社に提出することが求められられます(デジタル、書面どちらも可)。 https://www.panamadigital.gob.pa/RegistroPacoViajero

・既にワクチンを2回以上接種しており、WHO,EMA,FDAによって承認されたワクチン接種証明書の証明、またはデジタル証明書の提出ができる方は、入国時にPCR検査の陰性を提示する必要はありません。ただし、最後のワクチン接種から14日以上経過していること。

・ワクチン未接種または部分接種の旅行者は、パナマ到着72時間以内に実施したPCR検査もしくは抗原検査の陰性証明書を持参すること。

上記が満たされない場合、入国時に空港にて自己負担$50で検査の実施が求められます。

検査結果が陽性であった場合、旅行者は ホテルで5日間の隔離を受けることが義務付けられており、その際の滞在費用は、自己負担となります。

未成年者の入国について

・5歳未満のお子様は、保護者の方が2回以上のワクチン接種を受けているか、または、抗原検査、PCR検査の結果が陰性であれば、一切の検査が免除されます。

・5歳以上のお子様は、2回以上のワクチン接種証明書の提示が必要になります。

・5歳以上のワクチン未接種のお子様は、旅行72時間前に行ったPCR検査の陰性証明書が必要となります。

パナマ滞在について

・2mのソーシャルディスタンスをお勧めします。

・一部の観光活動、文化的・クリエイティブなアトラクション、図書館、映画館・劇場、カジノなどは営業しており、収容人数を縮小して営業を行っています。

・ビジネスミーティングは、参加者全員が予防接種を受けている場合に限り、100%の定員で行うことが可能です。

・全てのビジネスがお客様のために営業しています。

・レストランは、密を避けるために収容人数を減らして営業しているため、事前に予約することをお勧めします。

最新の情報は駐日パナマ大使館へご連絡ください:embpanamajapon@mire.gob.pa, 03-3505-3661 (日本時間平日 10:00 a.m. to 4:00 p.m.)