イベント・行事 « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

‘イベント・行事’ カテゴリーのアーカイブ

JIRCAS訪問

2020年1月17日 金曜日

2020年1月14日火曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター(JIRCAS)の岩永 勝 理事長を訪問し、パナマ新政府が目指す農業技術導入について情報交換を行いました。

岩永理事長はペレ大使に歓迎の意を表し、中南米地域で20年に渡り農業開発事業に取り組んでいたことから、中南米諸国への思い入れがある旨を説明しました。

一方ペレ大使は、歓迎に対し感謝の意を述べたあと、パナマの米輸入依存の懸念、気候変動による稲作への悪影響などについて言及し、今後、農業分野での研究、先端技術のノウハウ等に係る日本政府との相互協力実現に向け、関係を強化していく考えを示しました。

それを受け岩永理事長は、両国において稲作効率化を促進すべく、パナマ人研究者の招聘、及び日本人研究者のパナマ派遣の可能性についても触れました。

同打ち合わせは、今後もJIRCASとパナマ政府間で継続的に対話を行い、両国の公益につながる協力体制を確立し、市民の生活向上へ繋がるよう進めていくことで終了しました。

JIRCASとの打ち合わせの様子

ペレ大使、岩永理事長とともに

日本ボクシング連盟への表敬訪問

2020年1月10日 金曜日

2020年1月10日金曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、日本ボクシング連盟 菊池浩吉副会長を表敬訪問しました。

ペレ大使は菊池副会長へ快く訪問を受け入れてくださったこと、またボクシングはパナマの国技はボクシングと言っても過言ではなく、パナマ国民にとって誇り高い世界チャンピオンを多く輩出していることに言及しました。

菊池副会長からは、ペレ大使の訪問に感謝するとともに、学生時代ボクシング選手として活躍されていたこと、そのためパナマ人ボクサーが憧れの存在であったことを話しました。

さらに、日本スポーツ振興センターにより「スポーツ・フォートゥモロー」事業を行なった際、中米諸国のボクサーおよびそのトレーナそれぞれ4名を日本へ招聘し、トレーニングや親善試合を開催したと説明があり、次の機会にはパナマ人ボクサーを招聘する意思を表明されました。

終わりに、今後二国間協力に力を入れるべく、特に2022年にパナマにて開催される第24回 中央アメリカ・カリブ海競技大会に出場するパナマ人ボクサーが日本でのトレーニングを実施できるよう、対話を進めることを確認しました。

ペレ大使、菊池副会長とともに

大使による今治市訪問

2019年12月23日 月曜日

2019年12月16日から18日にかけ、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、パナマのホストタウンである愛媛県今治市へ第一回目の訪問を行い、今治市長表敬、パナマ人選手が利用可能な各スポーツ施設を視察しました。

海事都市という共通点のもと、今治市とパナマ市は今年で姉妹都市協定42年を迎えます。これまでに双方代表者による訪問、文化や海事イベントへの参加を通し、友好関係を発展させてきました。

菅良二今治市長招待により市役所を訪れたペレ大使は、正面玄関にてパナマ国旗を手にした市役所職員らに歓迎を受けました。

面談中、菅市長からペレ大使へ訪問の御礼、そして2020年東京オリンピック・パラリンピックに出場するパナマ人選手の来訪を心待ちにしている旨話がありました。ペレ大使も同様に、今回の招待への謝意を述べるとともに、今後の両市関係強化への意志を改めて表明しました。

続いて、来年の競技大会事前キャンプ時、パナマ人選手が利用する予定である市営のグリーンピア玉川および中央体育館を視察しました。施設内にはアリーナをはじめとし、道場、トレーニング室等、選手が必要とする施設に関する説明を受けました。

ペレ大使はさらに、パナマを代表し、今治市の海運企業を表敬訪問し、パナマ船籍に対するパナマ政府からの支援、サービスの提供について言及しました。訪問した海運企業は以下の通りです。洞雲汽船、正栄汽船、長福汽船、真木汽船、あすか汽船、井村汽船(順不同)。

また訪問中には、今治国際ホテル内松泉亭にて、今治市海事都市交流委員会主催の懇親会が開催され、海運企業の代表者、そして今治市役所の職員と意見交換をする機会となりました。

正栄汽船訪問時の様子

今治市安井孝産業部長に迎えられるペレ大使

ペレ大使、菅今治市長とともに

今治造船本社・今治工場視察の様子

市営スポーツ施設視察の様子

今治市海事都市交流委員会主催懇親会の様子

日本・パナマ友好議員連盟総会開催

2019年12月16日 月曜日

2019年12月13日金曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、衆議院議員会館内にて行われた日本・パナマ友好議員連盟総会に参加しました。

本総会は、同連盟会長の衛藤征士郎衆議院議員により執り行われ、開会の言葉としてペレ大使に、駐日パナマ大使の任命に対する祝辞が述べられました。

また、同事務局長である平井たくや衆議院議員、 同名誉顧問であり公明党党首の山口なつお参議院議員をはじめとする会員の議員の先生方が発言され、二カ国間関係の強化への意志表明、さらには2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会時のパナマ人アスリートの来日を心待ちにするなど述べられました。

その後には、ペレ大使はラウレンティーノ(ニト)コルティソ大統領率いるパナマ新政府目標についてプレゼンを行い、グッド・ガバメント(良い政府)、権利・法・秩序遵守、経済力強化、貧困・不平等社会の根絶、さらに目玉公約として、質のたかい教育について言及しました。

内閣官房副長官でもあり同連盟事務局の西村明宏衆議院議員からは、先般のパナマ訪問に関し、日本・パナマ友好議員連盟のパナマ支部を再結成すべく、パナマのアレハンドロ・カスティジェロ議員との打ち合わせを執り行った旨報告がありました。

続いて同会は、駐日パナマ大使館が取り仕切る中懇親会が行われ、パナマの伝統的な甘味であるママジェナ、ロンポンチェを振る舞い、さらには老舗の松屋珈琲店の協力により、パナマゲイシャコーヒーとともに参加者らと交流を行いました。

同会の参加者は60名で、うち10名は日本・パナマ友好議員連盟会員の国会議員、そしてリッテル・ディアス前駐日パナマ大使、遠藤善久前駐パナマ日本大使、下荒地修二前駐パナマ日本大使、外務省代表者、海事企業関係者が参加しました。またディアス前大使へは、衛藤会長よりこれまでの尽力を評し御礼の品が贈呈されました。

衛藤会長による開会の言葉の様子

ペレ大使プレゼンの様子

総会参加者

懇親会の様子

ママジェナ、ロンポンチェ、ゲイシャコーヒーを楽しむ参加者

農研機構(NARO)視察

2019年12月12日 木曜日

2019年12月11日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は農研機構(NARO)を視察し、本国パナマへの技術提供の実現可能性について打ち合わせを行いました。

ペレ大使は、次世代作物開発研究センターの船附秀行研究推進部長、農林水産省大臣官房の南部浩志国際専門官、その他スタッフにより迎えられ、打ち合わせでは特に稲生産効率向上について、最新農業技術に係る事業、調査、状況について意見交換を行いました。

船附研究推進部長およびその他研究者の方々からは、米の品種改良、遺伝子組換え技術等の説明がありました。

また、食と農の科学館の視察も行い、農業分野での最新技術や日本での米の品種等、わかりやすい展示を見学しました。

打ち合わせの様子

ペレ大使、船附研究推進部長とともに

食と農の科学館視察の様子

議員の先生方への表敬訪問

2019年12月9日 月曜日

11月19日火曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は日本パナマ友好議員連盟顧問で公明党党首の山口那津男参議院議員を表敬訪問し、両国の興味分野について今後とも協力をしていく旨協議しました。

会合にてペレ大使は、打ち合わせ開催への感謝の意を表した上で、2019年11月18日がパナマ都市交通3番線にかかる入札公示が行われ、韓国の企業組合に決まったことを通達し、本案件はパナマだけでなく中南米カリブ諸国へも重要性の高いプロジェクトになる旨言及しました。

山口議員からは、ペレ大使の訪問を歓迎する旨を表し、パナマスポーツ選手による愛媛県今治市への訪問は、日本の地方都市とラテン文化を持つパナマの文化交流を促進すると称賛し、現在の良好な交友関係を今後とも強化していくよう話しました。

さらにペレ大使は別の機会に、前科学技術政策担当大臣であり、日本パナマ友好議員連盟事務局長の平井卓也衆議院議員へ表敬訪問をし、平井議員は今後の駐日パナマ大使館が開催する行事に参加する意を表し、さらに東京オリンピック2020に参加するパナマ代表選手に関する情報交換も行いました。会合の最後には、日本で発売される最新技術を駆使した同時通訳機器も紹介いただきました。

また、経済産業大臣でもあり日本パナマ友好議員連盟事務局でもある梶山弘志衆議院議員への表敬訪問で、ペレ大使は日本企業がパナマにもたらす重要性について言及した上で、多国籍企業本部としてだけでなく、商業、デジタル技術分野でも地域統括拠点を目指していること、さらにはパナマから日本への輸出量拡大に向けた動きが高まっていることに言及しました。

梶山大臣は、これまでに三度パナマを訪問されたこともあり、同国の地理的条件、陸路、航路事情、さらに有名なゲイシャコーヒーなど豊富な知識をお持ちであり、今後もパナマとの二国間協力を強化していく意を表しました。

ペレ大使と山口議員

ペレ大使と梶山大臣

西村議員への表敬訪問

2019年12月4日 水曜日

2019年12月3日火曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は首相官邸にて、内閣官房副長官であり日本・パナマ友好議員連盟事務局の西村明宏衆議院議員を表敬訪問し、駐日大使兼総領事に任命された旨報告し、両国の興味分野において今後とも協力していく姿勢を表明しました。

ペレ大使は面談にて、快く訪問を受け入れてくださったこと、また10月末に執り行われた天皇陛下即位礼の儀へ、パナマ大統領および大使に向け日本政府から招待いただいたことに感謝の意を表しました。

同様にペレ大使は、日本の航空会社によるパナマ−日本間の直行便の可能性について触れ、日本及びアジア周辺国から中南米諸国への移動を容易にすることの重要性を強調しました。

一方で西村議員は、ペレ大使の訪問に感謝し、両国の強力な友好関係と絆を維持するため、大使の任務を支援する姿勢を示しました。

ペレ大使と西村議員