イベント・行事 « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

‘イベント・行事’ カテゴリーのアーカイブ

日本・パナマ友好議員連盟副会長との会合

2021年4月15日 木曜日

2021年4月15日木曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使およびジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官は、日本・パナマ友好議員連盟会員の国会議員の方々との交流強化事業の一環とし、今村雅弘副会長へ表敬訪問し、様々な分野において意見交換を行いました。

冒頭、ペレ大使は今回のお時間を頂戴したことに今村議員へ御礼を表し、パナマでのコロナワクチン接種状況をはじめ、学術協力、パナマの輸出促進を目的としたFOODEX JAPAN 2021への参加等について説明をしました。

今村議員は大使による訪問への御礼とともに、以前議会事務局長としてパナマヘ訪問した際、パナマ運河、運河鉄道を視察し、その特有の地形を活用した構造に感銘を受けたと話しました。

コロナ禍においても引き続き両国友好関係強化のため尽力していく旨言及し、会合を終えました。

日本・パナマ友好議員連盟副会長との会合

2021年4月14日 水曜日

2021年4月14日水曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使およびジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官は、日本・パナマ友好議員連盟会員の国会議員の方々との交流強化事業の一環とし、中川正春副会長へ表敬訪問し、様々な分野において意見交換を行いました。

冒頭、ペレ大使は今回のお時間を頂戴したことに中川議員へ御礼を表し、パナマでのコロナワクチン接種状況をはじめ、パナマの輸出促進を目的としたFOODEX JAPAN 2021への参加等について説明をしました。

双方は、今後とも文化的、学術的交流に重視し強化していく旨意向を示しました。

中川議員は大使による訪問への御礼とともに、コロナ禍においても引き続き両国友好関係強化のため尽力していく旨言及しました。

日本・パナマ友好議員連盟副会長との会合

2021年4月13日 火曜日

2021年4月13日火曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使およびジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官は、日本・パナマ友好議員連盟会員の国会議員の方々との交流強化事業の一環とし、山本順三副会長へ表敬訪問し、様々な分野において意見交換を行いました。

冒頭、ペレ大使は今回のお時間を頂戴したことに中川議員へ御礼を表し、パナマでのコロナワクチン接種状況をはじめ、東京オリンピック・パラリンピック競技大会へのパナマ人アスリートらの参加について説明をしました。

続けて、パナマの輸出促進を目的としたFOODEX JAPAN 2021への参加、学術協定促進、さらには農業分野についても意見交換を行いました。

中川議員は大使による訪問への御礼とともに、両国の商業投資の壁を低くするための協力体制構築や、観光分野の再活性化に対し重要性を示唆しました。

パナマと日本の女子サッカー国際親善試合

2021年4月12日 月曜日

2021年4月11日日曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使とエリザベス・へウルテマット大使夫人は、日本サッカー協会(JFA)による招待のもと、東京都新宿区の国立競技場で開催された、パナマ対日本の女子サッカー親善試合を観戦しました。

本試合には同協会名誉会長でいらっしゃる高円宮妃久子殿下、また田嶋幸三同会長も出席されました。

コロナ禍で開催された会場は、主催者側組織の努力と協力により、入場人数を海外からのプレス等を含めた4,039名に限定し、厳しい感染防止対策のもと開催されました。

ペレ大使は、JFAとパナマサッカー協会(FEPAFUT)の協力があってこそ、我が国の選手にとって素晴らしい経験となるこのような機会を得ることができたのであり、更なる練習を重ね国際試合に臨めるよう協力していく意向を表しました。

農林水産省副大臣への表敬訪問

2021年4月9日 金曜日

2021年4月9日金曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、農林水産副大臣であり日本・パナマ友好議員連盟会員でもある宮内秀樹衆議院議員を表敬訪問し、自己の紹介と挨拶をすべく面会を行いました。

ペレ大使は会合中、宮内副大臣による歓迎と時間をいただいたことへ感謝の意を表しました。日本・パナマ友好議員連盟全会員の議員の方々との面会をプログラムとして掲げている中、本会合は同連盟と大使館の友好を深める良い機会となりました。

また会合では、農業技術分野について、特に日本での米栽培について活発な意見交換がなされました。

宮内副大臣はペレ大使の訪問に感謝し、日本における米作りの重要性に触れつつ、農林水産省として、今後両国における共同事業に協力していく旨意向を述べました。

ホテル・オークラとの会合

2021年4月9日 金曜日

2021年4月8日木曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使、ジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官はホテルオークラ東京の招待を受け同ホテルを訪問し、都内でのパナマゲイシャコーヒーの商業促進に関し意見交換をするべく、株式会社ホテルオークラ東京成瀬正治代表取締役社長、料飲部杢代潔部長、営業本部遠藤誠部長、営業部の三部ポールシニアセールスマネージャーと会合を行いました。

4月1日、ホテルオークラ東京はパナマゲイシャコーヒー販売促進を開始し、同ホテル内オーキッド・バー、バーラウンジ・スターライト、会員向けバーの3カ所にてスイーツとともに提供しています。それを受けペレ大使は、素晴らしい接客、美しいホテルで高級なパナマゲイシャコーヒーを味わえる場の提供に対し、感謝の意を表しました。

また同会場には、当日テイスティングをしたパナマゲイシャコーヒーの輸入を手がける三本珈琲株式会社の同社萩田彰取締役山と口章執行役員も同席しました。

TVMXによるインタビュー

2021年3月18日 木曜日

2021年3月18日木曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、テレビ局TVMXと医師集合知サービス・医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社との、各国の医療体制や政府の取り組みに関するコラボ企画番組への協力のため、インタビューを受けました。

インタビュー冒頭、ペレ大使は今回の訪問に対する御礼を表すと共に、パナマ政府が2020年10月に条例第7条にて確立したリモート医療を優先することで、遠方に住む人々へも医療が行き届くよう体制を整え、患者の命を守りつつ、診療時間短縮、入院患者数減、新型コロナウイルス感染減への対策をとっている旨説明しました。

またペレ大使は、健康保全において最新技術利用を推進していることにも言及し、それに伴いパナマ全土でのインターネット環境整備に尽力し、リモート医療を拡大していることについても示唆しました。

さらには、政府とし国への投資促進のための条例制定に向け動いていることについても触れ、例として2019年9月に第93条にて制定された公私セクター間パートナーシップ(Private Public Partnership, PPP)では公共機関と民間企業における協力事業が可能になったことなど説明しました。

最後にペレ大使は、民間企業による成果として「パナマクリニック」という特殊な医療サービス体制確立、および幹細胞研究の新たな進歩が見られたことについても言及し、インタビューを終えました。