イベント・行事 « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

‘イベント・行事’ カテゴリーのアーカイブ

水産庁との面談

2022年6月10日 金曜日

2022年6月10日金曜日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使はジョルジェット・コンスタンティーノ二等書記官とともに、農林水産省水産庁増殖推進部漁場資源課 生態系保全室長 金子 守男氏と同室課長補佐 岡添 巨一氏の訪問を受けました。

金子室長からは、この面談に感謝するとともに、今年11月にパナマで開催される野生生物に関する世界会議(COP19)2022で取り上げられる関心事項について、パナマ政府の支援を要請しました。

最後に、ペレ大使は訪問に謝意を表し、両国の関係と関心事項の共有を強化する意志を表明されました。

コンスタンティーノ書記官、ペレ大使、金子室長、岡添補佐

亀田興毅氏及び亀田大毅氏、株式会社亀田プロモーションと共に表敬訪問

2022年6月8日 水曜日

2022年6月8日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、元プロボクサー・3階級世界王者で3150 FIGHT CLUB会長の亀田興毅氏、元プロボクサー・2階級世界王者で3150 FIGHT CLUB副会長兼トレーナーの亀田大毅氏及び株式会社亀田プロモーションのスタッフ、フジホーム株式会社の青田圭一特別顧問の表敬訪問を受けました。

ペレ閣下への挨拶とボクシングの国際的振興を目指したパナマへの支援の依頼が訪問の目的です。

一方、ペレ閣下は、今回の訪問に感謝の意を表し、彼らの今後の更なる成功を祈るとともに、相互関係強化への支持を示しました。    

亀田興毅氏とペレ大使

亀田興毅氏、ペレ大使、亀田大毅氏

株式会社JTBの旅行者とお客様との観光セミナーの開催

2022年6月6日 月曜日

2022年6月6日(月)、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、ジョルジェット・コンスタンティノ二等書記官とともに、パナマの観光・文化振興の枠組みで、日本大手旅行会社 株式会社JTBの旅行者とお客様、御一行様を迎えました。

イベントの間、ペレ大使は、新しい大使館ビルの訪問とパナマ旅行に関心を持ってくださったことに謝意を表し、パナマ大使館は皆さんをいつもでも歓迎しますと述べました。

イベントでは、パナマの観光地、空港やホテルでの衛生対策、世界遺産や食、自然や文化などパナマの一般情報についてのプレゼンを行いました。また、JTBと企画して、鶏肉の煮込み、フリホーレス(豆のスープ)、バナナの甘煮、ママジェナ、ゲイシャコーヒーを提供しました。    

コンスタンティノ二等書記官、株式会社JTBの旅行者とお客様、御一行様

セサル・モンターニョ次期エクアドル共和国大使の表敬訪問

2022年6月2日 木曜日

2022年6月2日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使は、セサル・モンターニョ次期大使の表敬訪問を受けました。

セサル・モンターニョ閣下は、ペレ大使の歓迎に感謝し、ラテンアメリカ地域に関連する様々な問題に焦点を当て、共に協力していきたいと述べました。

一方、ペレ大使は、訪問に対する感謝の意を表し、新職務での成功を祈るとともに、両国の協力関係を強化するための支援を表明しました。

 

セサル・モンターニョ次期大使、カルロス・ペレ駐日パナマ大使

 

日本船主協会及び日本LPガス協会表敬訪問

2022年6月2日 木曜日
2022年6月2日、カルロス・ペレ駐日パナマ大使兼総領事は、日本船主協会の友田圭司副会長及び山上寛之企画部副部長、日本LPガス協会 奥村英介供給グループリーダー、ジクシス株式会社 毎川忠昌海外本部 輸入・トレード部長の表敬訪問を受けました。 訪問中は今後の関係強化と継続的な協力を確認し合い、LPガス等に関して意見交換を行いました。    
表敬訪問の写真

(左から)友田圭司副会長、毎川忠昌海外本部 輸入・トレード部長、カルロス・ペレ大使、奥村英介供給グループリーダー、山上寛之企画部副部長

日本ラテンアメリカ夫人協会のお別れ会

2022年5月16日 月曜日

5月16日、アントニア・サニン駐日コロンビア大使夫人の任期終了を祝し、日本ラテンアメリカ夫人協会主催のお別れ会を駐日パナマ大使公邸にて行いました。

サニン夫人は、日本滞在中におけると夫人方の支援に感謝し、ラテンアメリカの国々と日本での取り組みを支援する場であり続けることを祈念すると述べました。

お別れ会では、中南米側の現会長であるエリザベス・へウルテマッテ駐日パナマ大使夫人によって参加者にパナマのゲイシャコーヒーがもてなされ、日本側の代表とラテンアメリカ諸国の夫人方との交流を深めました。

 

ラテンアメリカ諸国の夫人方

外務省表敬訪問

2022年4月26日 火曜日

2022年4月26日(火)、カルロス・ペレ駐日パナマ大使兼総領事は大使館職員とともに、東京大学教授 寺谷 広司 氏、外務省人権担当大使 新美 潤 閣下、外務省人権人道課主査 出口 彩央里 氏の表敬訪問を受け、自由権規約委員会(CCPR)へ立候補する寺谷教授のご挨拶と支援依頼を受けました。

寺谷教授は、国際人権法の分野で25年以上の学問並びに実務経験があり、選出されれば委員会で重要な役割を果たすことを確約し、ペレ大使は、人権の重要性を改めて指摘し、パナマの様々な国からの移民に共感の意を表しました。

双方は意見交換を行い、今後も良好な外交関係を維持することに合意しました。

新美閣下、寺谷教授、ペレ大使