経済 « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

経済

貿易投資機会

パナマ経済の基本データは、こちらをご覧下さい。

パナマはラテンアメリカ及びカリブ諸国において、最も急速な経済成長を遂げている国です。

2011年には10.6%、2012年には10.7%の経済成長率を記録し、2013年はラテンアメリカ地域の平均経済成長率である3.5%を上回り、8.4%でした。

2009年のリーマンショック以降、世界経済が回復に時間を要している中、パナマ経済は多数の公共施設の投資により健やかな成長傾向にあります。パナマ運河の拡張工事、地下鉄1号線の建設、トクメン国際空港の拡大計画、パナマシティの国際空港の建設、郊外の道路拡大、その他様々なインフラの整備などがその例として挙げられます。

パナマ経済は、発達したサービス部門を基盤に、国際貿易、ビジネスサービス、運輸及び金融を中心としています。2012年の統計では、サービス部門が国内総生産の75%を占め、工業部門が22.2%、農業部門が2.8%を占めました。

パナマは競争力のある社会的市場経済に基づいた輸出志向の開発モデルを進めており、経済における歪みを除きながらも海外投資へのインセンティブを与えるためにも、政府自ら監査役、そして経済活動の進行役として動いています。

実際パナマは、外資系企業に対する税制面での優遇や、移民制度の確立等の法律の整備を実施することで、ビジネスに適した環境を提供しています。

さらに、民主主義復活後の23年間は経済における構造及び方向性の構築において劇的な変化を迎えました。特に、2000年にパナマ運河の管轄権がアメリカからパナマに返還され、運河による経済発展に伴い、急速な経済成長を遂げることとなりました。

その他の指数 (1995年以降の推移)

 参照: パナマ共和国 経済財政省 米州開発銀行

keizaikibo_nov2013
keizaiseichouritsu_2005-2012
hitoriatarinoGDP_nov2013
shouhishabukkashisuu_nov2013
boueki_nov2013

 

>情報源 : Contraloría General de la República, Statistics and Census Direction(スペイン語のみ)
(*) Calculation based on Contraloría General de la República data