基本情報 « EMBASSY OF PANAMA IN JAPAN

基本情報

パナマ運河拡張計画基本情報通行料とはご存知でしょうか?何故パナマ運河?主要な品目

Transit(航路)、Operation(仕組み)、Dimensions(サイズ)の動画はこちら

パナマ運河の基本情報

建設期間
1904年から1914年にわたる10年間
総工費
3億7500万 米ドル
全長
80キロ
年間予算(2008年度)
20億2810万 米ドル
海事事業収入(2012年度)
22億4890万 米ドル
航行時間
平均25,66時間。待ち時間無しの場合、8時間
年間平均船舶航行数
13,000-14,000隻
一日当り平均船舶航行数
35~40隻
船舶航行合計数(2012年度)
14,544隻(そのうち、7,241隻は船舶最大許容サイズPANAMAX)
事故数(2007年度)
10件
総貨物量(2012年度)
3億3370万 PC/UMSトン
閘門数
3ヶ所
太平洋側:ミラフローレス閘門(2段階のチェンバー)
ペドロ・ミゲル閘門(1つのチェンバー)
大西洋側:ガトゥン閘門(3つのチェンバー)
閘門のサイズ
(幅)33.5 m.(長さ) 305 m.(深さ) 26 m.
大型船の通航に要する水量
約1.97億リットル (回収不可能であり、経費のかからない雨水)
給水
チャグレス川の水を利用。ガトゥン湖が貯水槽の役割をしています。